PlayStation®5で遊んでみた #2 PS4のゲームも快適

PS5

 PS5の発売から5日ほど経ちました。

 今のところフリーズやブラックアウトといったエラーもありません。

 いくつかそのような報告がありますが、4K解像度で配信とかしていると負荷がかかってエラーになるのかもしれません。スパイダーマンでも画面の停止報告がありますが、フルHDで遊んでいますがエラーは起こっていません。

ロード時間

 今は「Demon’s Souls」で心が折れそうになっていますが、ロードが早く、ストレスなく遊べます。ただ残念なのは、PS3版のロード画面の絵が好きでしたが、ロードが早くなってあれが見られないことです。

 PS5には「ASTRO’s PLAYROOM」というプリインストールされているゲームがあります。新しいコントローラー「DualSense」の魅力が堪能で出来る様に作られていますが、プレステの歴史ネタも入っていて、なかなかよく出来ています。お金を取れるクオリティだと思います。「DualSense」の体感を言葉で表すのがなかなか難しいですが、音や振動、トリガーにかかる圧力、モーションセンサー、これらがゲームに没入感を与えくれます。

 「Demon’s Souls」でも、魔法を発動した時のコントローラーの音と振動が絶妙で、発動した時の爽快感がたまらないです。

PS4のゲーム

 まずは、気に入っているレースゲームをインストールしました。前回「Assetto Corsa Competizione」で遊んでみたことは書きましたが、「グランツーリスモSPORT」や「Dart rally2.0」などもインストールして遊んでみました。

 PS5の大きな変更に、決定ボタンが「✖︎」になったというのがあります。

 PS5のゲームは「✖︎」が決定、PS4のゲームは「○」が決定です。これはなんとかして欲しいものです。

 PCではXboxコントローラーを使っていますが、「A」ボタンが決定には違和感がありません。しかし、同じコントローラーで決定が入れ替わるのは少し戸惑います。

 外国産のゲームはPS4でも「✖︎」が決定のゲームもあります。「Dart rally2.0」は「✖︎」が決定でした。

 「モンスターハンター:ワールド」も「✖︎」が決定になっています。

 「グランツーリスモSPORT」は「○」が決定のままです。

 ロードはとても快適です。「モンスターハンター:ワールド」もロードの速さを体感できます。

 「XCOM2」も、PS4で遊ぶとかなり重たい動きをしていたので、PS5で試してみましたが、かなり快適に遊べます。

 解像度を上げるとどうなるかは分かりませんが、フルHDでは特に問題なく遊べています。

 ※今後は4Kでの体感も記事にできればと思います。

気になるところ

 電源の「OFF」がコントローラーからできないということについて、#1の最後に書きましたが、どうも入力チャンネルを変更したら電源が切れていました。逆に入力チャンネルにすると、勝手に電源が入ります。そういう仕様なのかもしれません。

 それと、やはり気になるのはSSDの容量です。

 825GBのSSDがありますが、実質使えるのは667GBとのことです。

 M.2の拡張スロットがありますが、現在は使うことが出来ません。

 PS4のゲームは、外付けSSDやHDDから起動出来ますが、PS5のゲームは今のところ内臓SSDからのみです。

 PS4のゲームが容量を圧迫してきますので、しばらくは外付けでの対応が必要かもしれません。

 拡張のM.2スロットが使えるようになっても、PCIe 4.0で5.5GB/sに対応したSSDというのはハイエンドゲーマー向けで、値段も高額になりそうです。

 PS5には、それくらい高性能なSSDが乗っているということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました