Netflixおすすめ映画 #18 麒麟の翼

Netflix
麒麟の翼

 今回おすすめする映画は、2012年公開の「麒麟の翼」です。

 ※2020年10月31日現在Netflixで視聴できる映画になりますのでご了承ください。

 原作は東野圭吾で、加賀恭一郎シリーズの9作目にあたる作品の映画化です。

 TBSの「日曜劇場」枠でドラマ化されていました。加賀恭一郎役を阿部寛が演じ「麒麟の翼」「祈りの幕が下りる時」が映画化されています。

 「祈りの幕が下りる時」は残念ながらNetflixでは視聴できませんが、Amazonプライムでは視聴できます。

テーマ

 この映画は色々なテーマが混在しています。観た人がそれぞれ感じ取ってほしいですが、「一緒にいる人について、知っているようで実は何も知らなかった」ということがキーワードとして出てきます。

 確かに人は一緒に暮らしていても、全てを打ち明けているかといえば、そうではないかもしれません。

 少なからず隠し事をしているし、時には嘘をついてるかもしれません。

 犯罪映画ですので、誰かが嘘ついて、隠し事をしているのですが。阿部寛扮する刑事がその謎に迫っていきます。

 「嘘が映すのは、人の心そのものだから」これは「祈りの幕が下りる時」の中での言葉ですが、全ての話に通じるものがあります。

麒麟

 映画に出てくる麒麟ですが、中国の神話に現れる伝説上の動物です。

 有名なキリンビールのラベルにも描かれています。

 顔は竜で、牛の尾と馬の蹄をもち背中の毛は五色に彩られ、毛は黄色で体には鱗があるとされています。

 映画では、東京の中央区日本橋にある像が出てきます。この像には翼がついています。

麒麟像

 青龍、朱雀、白虎、玄武の四神が有名ですが、真ん中に麒麟を加えて語られることもあります。

 ファイナルファンタジーⅪのゲーム内でも、四聖獣(青龍、朱雀、白虎、玄武)を撃破しそれぞれがドロップする4つの印章を集めて使うと、麒麟がPOPしていました。こいつは戦っている最中にも四聖獣を召喚し、倒すのは一苦労でした。

登場人物

登場人物
  • 青柳武明(中井貴一)日本橋の欄干にもたれかかるようにして死んでしまう被害者。「カネセキ金属」製造本部長。
  • 青柳悠人(松坂桃李)武明の息子。中学生の時に水泳をしていた。
  • 八島冬樹(三浦貴大)事件の容疑者。
  • 中原香織(新垣結衣)八島の恋人。
  • 杉野達也(山﨑賢人)愁人の同級生。同じ水泳部。
  • 黒沢翔太(聖也)愁人の同級生。同じ水泳部。
  • 吉永友之(菅田将暉)愁人たち水泳部の後輩。
  • 糸川肇(劇団ひとり)悠人たちの中学時代の水泳部顧問。
  • 加賀恭一郎(阿部寛)もとは社会科の教師をしていたが、学校での事件がもとで退職、父と同じ刑事となり、捜査一課から練馬署の巡査部長、その後日本橋署の警部補として勤務してる。
  • 加賀隆正(山﨑努)恭一郎の父。元刑事。
  • 松宮脩平(溝端淳平)警視庁捜査一課の刑事。恭一郎の父隆正を実父のように慕っていた。

 シリーズを通して登場する人物は、それぞれバックボーンがあります。特に恭一郎と松宮の関係などは、この映画だけをみても、なかなかわからないかもしれません。

※本文中敬称は略して掲載しております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました