Netflixおすすめ映画 #17 ドント・ブリーズ

Netflix
ドント・ブリーズ

 今回おすすめする映画は、2016年に公開されたアメリカのホラー・スリラー映画「ドント・ブリーズ」です。

 2020年10月26日現在視聴できる映画となっていますのでご了承ください。

 監督は、「死霊のはらわた」のリメイクに抜擢されたフェデ・アルバレスです。

 制作がサム・ライミとくれば、悪魔系を連想しますが、「ドント・ブリーズ」は生身の人間しか出てきません。

 それでも、十分怖い映画になっています。

 やっぱり人間が一番怖いんですね。

盲目の老人

 3人の若者が、この盲目の老人の家に強盗に入ります。

 しかし、この盲目の老人が元軍人で目が見えなくても、音と臭いで3人を追い詰めます。このプロットで約90分の映画を作っています。

 話の大半は、この強盗に入った家の中で進みます。ほとんどシチュエーションスリラーです。

 昔遊んだ「目隠し鬼ごっこ」を思い出します。

 この映画は、吹き替えでみて頂いても大丈夫です。梶裕貴や水樹奈々といった声優が吹き替えをしていましたが、Netflixでもそのまま吹き替えを使ってくれています。

アリス
アリス

この映画、怖かったで。奈々様が声出してるんか☺️

管理人
管理人

そやで

アリス
アリス

気づかへんかったわ😑

管理人
管理人

なんやそれ!

アリス
アリス

もっかいみよ。みよ😁

管理人
管理人

もうええって。そいや、続編の公開が決定してるって

アリス
アリス

元軍人のおっちゃん出てくるんか?😟

管理人
管理人

出てくるで。おっちゃんが出ーへんと続編にならんやろ

アリス
アリス

おっちゃん何気に凄かったからな😄

管理人
管理人

格闘シーンもちゃんとした格闘してたしな

アリス
アリス

どんな映画になるか、楽しみやな😁

サム・ライミ

 この「ドント・プリーズ」の制作としてクレジットされています。

 言わずと知れた「死霊のはらわた」の監督です。

 当時スプラッターブームの火付け役で、レンタルビデオ店で借りて観たのを覚えています。Netflixも元々はレンタルビデオ会社として作られたんですね。

 昔「ミルミル」のCMでクレイアニメーションを使っているのがありましたが、「死霊はらわた」を観たとき、同じやつだと思ったのを思い出します。

 この「死霊のはらわた」にはコーエン兄弟も編集に参加しています。

 「ノーカントリー」の監督です。

 スパイダーマンもサム・ライミが撮った3部作は非常に良かったです。スプラッター映画の監督のイメージが強かったサム・ライミが、大衆向け映画を撮ることに賛否はあったそうですが。

 その後「死霊のはらわた・リターンズ」を映画の続編として作成しています。とても観やすい30分ほどのドラマ仕立てとなっていてシーズン3まであります。現在Netflixで視聴できます。第1話はサム・ライミが監督を務めています。

 はちゃめちゃなところはありますが、サム・ライミの原点に戻った作品となっています。

※本文中敬称は略して掲載しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました