Netflixおすすめドラマ #5 「マインドハンター」アメリカの犯罪史上有名なシリアルキラーが登場

Netflix
マインドハンター
アリス
アリス

最近怖い映画や、ドラマばっかりやん😖

管理人
管理人

今回は、怖くないし、目を背けるようなシーンもないで

アリス
アリス

シリアルキラーって怖いんちゃうんか?😟

管理人
管理人

これはFBIで「プロファイリング」という手法を確立していく話やけど、どちらかといえば会話がメインで、残酷描写がなくても充分刺激的やで。

アリス
アリス

ふーん。ちょっとどんなんか気になるわ

管理人
管理人

とか言いながら、寝てたやろ

アリス
アリス

寝てへんわ。ちょっと気失ってただけや😑

デヴィッド・フィンチャー

 非常にダークな映像で猟奇殺人を扱っている「セブン」で一躍有名になった監督です。製作総指揮とドラマ数話の監督を務めています。

 「ゾディアック」という映画も撮っていますが、実際にアメリカで起こった未解決の連続殺人事件を扱った映画です。「ゾディアック」の元になった小説は、原作者が独自で事件の調査を行なって出版しています。このドラマはどちらかといえば、「ゾディアック」よりです。

 このドラマでは、残酷描写や派手なアクションシーンなんかもほとんどありません。それでも刺激的なのは、実在の犯罪者が事件の内容を語っているからだと思います。「セブン」のイメージでドラマを観ると、猟奇殺人へのアプローチの違いにに驚くかもしれません。

プロファイリング

①異常犯罪の犯人像の分析技法。現場に残された状況をもとに、統計的な経験と犯罪データ・心理学の両面から犯人像を推理し、人種・年齢・生活態度などを特定していくもの。米国の連邦捜査局(FBI)が取り入れている。

②ある人物の個人情報や過去の行動を分析し、今後の行動などを推測すること。例えば、顧客の年齢と購買履歴から、新製品の購買予測を行うなど。「顧客プロファイリング」

国語辞典より

羊たちの沈黙

 日本にプロファイリングという言葉が知られたのは映画「羊たちの沈黙」からではないでしょうか。

 「羊たちの沈黙」を知らない方のために簡単にあらすじを書きますが、できれば観ていただきたい映画です。連続殺人事件を追う女性FBI訓練生(ジョディ・フォスター)と、彼女にアドバイスを送る猟奇殺人犯で精神科医のレクター博士(アンソニー・ホプキンス)の奇妙な関係を描いています。映画の内容はプロファイリングと呼ばれるものではありませんが、プロファイリングとは犯罪者からとっている統計学によるものですから、一番生の声が聞けているわけです。

シリアルキラーたち

 このドラマには、実際にアメリカで起こった事件の連続殺人犯が登場します。

エド・ケンパー

 1970年代に8人の女性を殺害し遺体を屍姦後、バラバラにして遺棄した猟奇殺人犯です。最後は自分の母親を殺害し頭部を切断、母親の頭でオーラルセックスを行い、声帯を切り取って捨て、その3日後警察に出頭しました。

 彼は206㎝、140kgでIQ は130前後と言われています。7歳の時に父親が出ていき、母親から罵られ、学校では大人しく、陰で動物虐待を繰り返し殺人の妄想に耽っていました。母親は妹への悪影響を恐れて彼を地下室に住まわせていました。

 彼は現在もカリフォルニア州立医療刑務所で服役中です。

デニス・レイダー

 BTKキラーと自分のことを呼び1974年から1991年の間に10人を殺害し、捕まるまでの30年に渡り地元民を恐怖に陥れました。BTKとは、Bind(緊縛)、Torture(拷問)、Kill(殺す)の頭文字をとっているそうです。

 彼は、電子工学の準博士号と司法の博士号を持っており、世間がBTKキラーに怯えていた当時セキュリティ会社で警報機を設置する仕事についていました。

 事件を起こした当時、自らの犯罪の詳細を説明する挑発的な手紙を警察と新聞に送りつけていましたが、10年間の沈黙の後、2004年に再度警察に手紙で事件の詳細を送りつけ、2005年に逮捕され、現在も服役中です。

チャールズ・マンソン

 1960年代後半カリフォルニア州にて「マンソン・ファミリー」というカルト集団を作り、1969年に起こった女優が殺された「シャロン・テート殺人事件」に関与して逮捕されています。

 ヒッピー文化が流行していた当時、街で歌いながら巧みに女性たちを取り込み、ドラッグを与え、言いなりになった女性から男性も誘わせてメンバーにしていました。

 クエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でこの事件の事が描かれています。

エルマー・ウェイン・ヘンリー

 1970年から1973年の間にテキサス州ヒューストンで、ディーン・コールという殺人犯の共犯者として6人の殺害容疑で逮捕されています。ディーン・コールは、少なくとも28人の少年や若者を強姦、拷問して殺害したシリアルキラーと言われています。二人いた共犯者の一人がエルマー・ウェイン・ヘンリーです。

 エルマー・ウェイン・ヘンリーがディーン・コールを射殺してこの事件が発覚します。

 この他にもシリアルキラーは登場しますが、上記の犯罪者はドラマの物語にも絡んできます。現在シーズン2まで制作されています。シーズン3がデヴィッド・フィンチャーの都合で伸びているとのことですが、新しい情報が待たれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました