Netflixおすすめ スプラッター映画5選(2020)

Netflix

 今回も、2020年7月末現在Netflixで視聴できる映画の中から、独断と偏見でスプラッターに分類される映画ベスト5選をお届けします。

 またもや、ほとんどの映画が18歳未満の方は視聴できませんのでご了承下さい。

 映画の特質上、内容より映像を重視して選定していますので、若干のネタバレも含んでいます。

 また、観る人を選ぶ映画ですので、耐性のない方はご遠慮下さい。怖いもの見たさで観ると後悔するかもしれません。

スプラッター映画とは、殺害シーンにおける生々しい描写に特徴のある、映画の様式のひとつである。大部分は広義のホラー映画に含まれるが(スプラッター的要素のまったく無いホラー映画は少なくない。また、ホラー映画をオカルトや超自然現象を描いたものとして狭義に限定すると、生身の殺人鬼や犯罪者を描いた、あるいはSFとしての設定を持つスプラッターものこれには含まれなくなる)、身体の一部が切断されてはね飛んだり、血しぶき(splash)が吹き上がったりするといった、誇張を含むあからさまな表現は、スプラッター映画独自のものといってよい。「スプラッター・ムービー」という呼称は1980年代に定着したものであり、1970年代以前は「ゴア・ムービー(Gore Movie)」という呼び方が多く用いられていた。

フリー百科事典『ウィキペディア』より

第5位「自殺サークル」

自殺サークル

 園子温監督の2002年の映画です。

 集団自殺を扱っていますが、園子温監督お得意のゴア表現が出てきます。

アリス
アリス

なんかよく分からへん映画やったな😟

管理人
管理人

これは観た人によって、感想が変わるやろな

アリス
アリス

この監督は、学芸会っぽい演出好きやな

管理人
管理人

いきなり、高校生の飛び込み自殺のシーンから始まるけど、昔、飛び込みのすぐ後にホームに行ったことあるわ

アリス
アリス

飛び込みやったんか?😱

管理人
管理人

たぶん。ホームに引きずったような血の跡があってん。かなり前の方に電車止まってたけど、あれブレーキかけても止まられへんのやろな

アリス
アリス

線路は見たんか?😣

管理人
管理人

見るかいな。それが、乗るホームと反対側のホームやってん。ぼぉーっと歩いてたら間違ってたんや。すぐに階段降りたわ

アリス
アリス

なんや、怖いな。呼ばれたんちゃうんか?

管理人
管理人

誰に?

第4位「GANTZ:O」

GANTZ:O

 2016年に作成された、漫画「GANTZ」大阪編のフル3Dアニメです。

 GANTZについての説明はありますので、漫画もしくはアニメを知らない方でも大丈夫です。

 CGでスプラッターを描いています。日本はこちらの方が向いているのかもしれません。ただCGなので、実写の映画ほどドロドロはしていません。

 「ロボコン」の映画が間もなく公開されますが、その「ロボコン」に出てくる、いつも最後に採点をするガンツ先生が「GANTZ」の名称の由来らしいです。

アリス
アリス

大阪が舞台やんか😊

管理人
管理人

GANTZの中でも面白いと言われてるパートやな

アリス
アリス

漫画読んでた方がええんちゃうか?

管理人
管理人

今回の敵がどれだけ強いか知るには、読んでた方がええかも

第3位「グリーン・インフェルノ」

グリーン・インフェルノ

 2013年に公開された、イーライ・ロス監督のスプラッター映画です。

 「食人族」という映画をモチーフに作られているそうです。これだけでもうスプラッター臭がプンプンします。

 イーライ・ロス監督はNetflixオリジナルドラマ「ヘムロック・グローヴ」の製作総指揮と第1話監督をしています。内容はともかく、映像はかなり刺激のあるものになっています。「2001人の狂宴」という、1964年に製作されたハーシェル・ゴードン・ルイスによる映画「2000人の狂人」のリメイクの制作と出演をしています。この「2000人の狂人」という映画はスプラッター映画の先駆けと言われています。

アリス
アリス

食人族とかって、ほんまにいてたんか?😑

管理人
管理人

バヌアツにあるイロマンゴ島では家畜として人間の飼育記録があるらしいで

イロマンゴ島
アリス
アリス

ひゃーほんまかいな😱

管理人
管理人

日本でも昭和53年東京で、屋台ラーメンの出汁を取るために手首を煮たという事件があったで

アリス
アリス

食べた人おるんか?😖

管理人
管理人

誰にも売らなかったと警察は言ってるけど、どうなんやろな

アリス
アリス

えらい事件やな😩

管理人
管理人

暴力団の抗争で殺されてバラバラにされた死体が発見されてんけど、手首だけなかったらしい。犯人は身元を分からなくするために指紋のついた手首だけ持ち帰って、始末に困り煮たんやな

アリス
アリス

もっとほかに方法あったやろ😩

管理人
管理人

豚骨スープをみて、これやって思たんちゃうか

アリス
アリス

それは、あかん😱

番外編「殺し屋1」

殺し屋1

 原作は、週間ヤングサンデーに掲載されてた漫画です。それを鬼才三池崇史が監督をして映画化されています。

 漫画も壮大なSとMの話なので、当然サディステックな内容が多く、三池崇史監督はある意味喜んで引き受けたのではないでしょうか。

 三池崇史監督といえば「オーディション」や「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」などで、世界でも評価の高い監督です。アカデミー賞を受賞した『ディパーテッド』のワンシーンでテレビに「オーディション」の映像が流れていたり、ホラーの巨匠13人に選ばれ、オムニバス作品の「マスターズ・オブ・ホラー」では「インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~」を撮っています。どれも観ている方が目を背けたくなる映像ばかりです。

 この「殺し屋1」もひたすら痛い映画です。内容は漫画の話を凝縮していますので、やはり漫画を読まれることをお勧めします。

第2位「ホステル」

ホステル

 2005年に制作された、「グリーン・インフェルノ」と同じくイーライ・ロス監督の作品です。

 イーライ・ロス監督が敬愛する三池崇史監督も出演しています。

 この映画は実話が元になっていると言われていますが、これが実話であれば恐ろしいことです。実際、国は全く違いますが似たような事件はあったそうです。

 映画のあらすじは、東ヨーロッパを旅するバックパッカーがホテルで素晴らしい時間を過ごした後、拐われて、とんでもない目に合うという内容ですが、そのとんでもないことが、金持ちの道楽で人を殺すと言う恐ろしい行為なのですが、この映画はスプラッターの耐性のない方は覚悟して観てください。

 管理人も観て衝撃を受けた作品です。

第1位「ヘイトフル・エイト」

ヘイトフル・エイト

 2015年に公開された、クエンティン・タランティーノが監督・脚本を務めた映画です。8作目であったために「8」を強調しているそうです。

 猛吹雪の中、山小屋に集まった8人の密室劇です。そこで起こる殺人事件。犯人はだれなのか。徐々に明らかになる8人の素性。

 ストーリーが秀逸で、ほぼ3時間と長い映画ですが、その中にリアルなゴアシーンなどがありますので、スプラッター枠に選んでいます。

 演劇っぽい感じで物語は進んでいきますが、後半はスプラッター色が強くなってきます。

 大変面白い映画ですので、あまり事前情報なしで観ていただく方がいいと思います。

最後に

 「死霊のはらわた」をビデオで見た時の衝撃はいまでも忘れません。サム・ライミ監督のデビュー作ですが、その後「スパイダーマン」でカルトファン以外からも支持されています。

 「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」や「血の祝祭日」なども、スプラッターの古典的な映画ですが、Netflixでは観れられないのが残念です。 

アリス
アリス

ゾンビも怖かったなあ😖

管理人
管理人

昔は、あれをテレビで放送してたんやからな、テレ東は2回も放送してるらしいで

アリス
アリス

さすがやな😅

コメント

タイトルとURLをコピーしました