おすすめ映画 格闘シーン5選

映画

 独断と偏見で選ぶ企画、今回は格闘シーン5選をお送りいたします。

 ※Netflixで見られない映画もあります。

アリス
アリス

カンフー映画好きやで😊やっぱりブルース・リーやな。死亡遊戯ははいってるんか?

管理人
管理人

それは言われへんな

アリス
アリス

ケチやな、それなら早よランキングいこ😁

第5位 ユー・ヤンクァンV.Sパサ・ロマーニ

管理人
管理人

「天山回廊 ザ・シルクロード」という映画の格闘シーンやで

アリス
アリス

なんやそれ?😟

管理人
管理人

1987年公開の、香港と中国アクション映画やな

アリス
アリス

えらい古いな😔

管理人
管理人

残念ながら、DVD化されてへんので、ビデオしかないな

アリス
アリス

観られへんがな😱

 ビデオぐらいしか観れないので、少々ネタバレします。

 シルクロード沿いの村に住んでいた主人公のタン(ユー・ヤンクァン)は、ある日蜃気楼に浮かぶ女性を見ます。その幻影に一目惚れしたタンは、女性を探して旅に出るのですが、その女性(パサ・ロマーニ)は盗賊の頭でガーザ・ノヴァといい、とても残忍な性格だったのです。

 ガーザ・ノヴァに囚われてしまったタンは、解放されるためにガーザ・ノヴァと一騎打ちをすることになります。

 兎に角このガーザ・ノヴァが凄まじく、未だ女性のヒロインでここまで破天荒なキャラは見たことがありません。砂漠のシーンでは喉が渇いたと、馬を殺して血を飲むシーンも出てきます。一騎打ちのシーンでは、タンの肩に噛みつき喰いちぎります。綺麗な顔をしているぶん余計ゾクッとします。

 その他にもアクションシーンはどれも凄まじいものです。よくここまでできたと感心させられます。

 ちょうどジェッキー・チェンの映画が全盛で、対抗心もあったのかもしれませんが、アクションについてはかなり無茶なものになっています。マッドマックスでスタントマンが亡くなっているらしいと言われていますが、この映画でも何人か亡くなっていてもおかしくない内容です。

 是非なんらかの形で再発売してほしいものです。

第4位 ブルース・リー役V.Sウォン・ジャック・マン役

バース・オブ・ザ・ドラゴン

 「バース・オブ・ザ・ドラゴン」という映画の格闘シーンです。この映画の触れ込みはブルース・リーの伝記映画です。

 サンフランシスコで俳優とカンフー道場をしていたブルース・リーの元に中国から少林寺の達人「ウォン・ジャック・マン」が現れ、一対一での勝負をするという内容です。ブルース・リーは当時、中国の武術を不当に教えた裏切り者とされていました。

 この戦いは、当時非公開で映像などの記録はなく、目撃者の証言に頼るしかなかったそうです。

アリス
アリス

本物が印象強すぎで、ブルース・リー役してる人が可哀想やな😔

管理人
管理人

ブルース・リーは、誰も真似できへんね

アリス
アリス

中国からきた少林寺の達人の方がなんか凄いな

管理人
管理人

ほんまの戦いについては、ブルース・リー側とウォン・ジャック・マン側で意見が分かれてるからな

アリス
アリス

試合の結果はどうななったんや😩

 実際の戦いが、どういったものだったのかは分かりませんが、ブルース・リーはこの戦いの後、あの「アチョー」で有名な截拳道(ジークンドー)を編み出しました。「燃えよドラゴン」のオープニングで截拳道(ジークンドー)を披露しますが、オープンフィンガーグローブを付けサモ・ハン・キンポーと戦います。総合格闘技の先駆けですね。

第3位 ジャッキー・チェンV.Sウォン・インシク

 「ヤングマスター」の格闘シーンになります。1980年に制作された映画です。1970年代は、酔拳や蛇拳など定番のストーリーでしたが、この映画はガラリと変わった内容になっています。

 今回3位に選んだ格闘シーンが、約20分にも及ぶ韓国合気道の達人ウォン・インシクとの対決シーンです。凄まじい足技で攻めてくるウォン・インシクにジャッキーがボロボロになりながら立ち向かっていきます。最後は少しあれっ?てなりますが、そこは愛嬌で・・・。

 ジャッキー・チェンがゴールデン・ハーベスト社に移籍して最初の監督・主演作品です。その後「プロジェクトA」や「ポリス・ストーリー」などを撮りますが、この戦いのシーンでその片鱗が窺えます。数々のジャッキー映画に出演するユン・ピョウも出演しています。

 シャッキー・チェンの転換期となった作品だと思います。

番外編「少林寺」

アリス
アリス

また番外編かいな😑

管理人
管理人

中国武術の達人が出演してて、戦うシーンは全てスタント無しやで

アリス
アリス

ジェット・リーはハリウッドで活躍してるやん

管理人
管理人

5年連続で、中国武術大会で優勝してるし、ホンマもんやな

アリス
アリス

なんや色んな武器があるな。ヌンチャクは知ってるけど、他は知らんわ

管理人
管理人

「三節棍」は、ヌンチャクの変形やな。3本の棒を連結した武器や。後は「縄鏢」じょうひょう、鏢に縄がついた武器やな。ジェット・リーは三節棍の達人やで

 カンフー映画ブームの中で作られた本作ですが、本物の達人が出演しており、とても見応えがあります。

第2位 ブルース・リーV.Sチャック・ノリス

アリス
アリス

やっとブルース・リーきたな。さっきのは偽物やったしな😢

管理人
管理人

偽物は失礼やな。これはチャック・ノリスとの死闘やな

アリス
アリス

あの胸毛のおっさんか😱

管理人
管理人

おっさん言うな!

 「死亡遊戯」の塔での格闘シーンと迷いましたが、「ドラゴンへの道」を選びました。

 やはりブルース・リーが全盛の時の筋肉はとんでもないです。

 すぐに服を脱いで体を見せたがるブルース・リーが「死亡遊戯」ではツナギを着たまま戦います。一説には筋肉が衰えていたとも言われています。

 「ドラゴンへの道」での体は研ぎ澄まされています。戦う前のウォーミングアップで見せる筋肉の動きは必見です。

 チャック・ノリスは空手の世界チャンピオンで本物の武術家です。映画ではお互い話し合いをしてこの格闘シーンを作り上げたそうです。格闘家らしい演出で熱い格闘シーンになっています。

 死闘なのですが、猫の泣き声をゴングに戦いが始まるのも粋な演出です。

第1位 ジャッキー・チェンV.Sベニー・ユキーデ

 アメリカンキックボクシング世界王者ベニー・ユキーデとは、映画「サイクロンZ」でも戦っているのですが、選んでいるのは「スパルタンX」の方です。

 ベニー・ユキーデは、1977年に初来日し、アントニオ猪木の異種格闘技戦の前座として日本人と対戦して勝っています。

 ラストシーンで二人はガッツリ闘います。

 ベニー・ユキーデはジャッキー・チェンに蹴り入れ上着を脱ぎます。ジャッキー・チェンも負けじと、相討ちの蹴りを入れ上着を脱ぐという、お互いの意地を感じさせる演出で始まりますが、ジャッキー・チェンの方が劣勢のまま戦いが進みます。

 不利な戦いでしたが、インターバルを取りジャッキー・チェンは「Another round」といい2ラウンドが始まります。その時にかかる音楽がマッチしていて、ここからジェッキーのターンを感じさせます。

 ジャッキー・チェンのラッキーパンチが決まると、本当の試合のようにベニー・ユキーデはクリンチで凌ごうとします。

 最後は映画ですのでジャッキー・チェンが勝ちますが、ベニー・ユキーデのセリフは「もう1ラウンドやろう」と言っています。

 この映画の監督はサモ・ハン・キンポーで、ベニー・ユキーデと仲が良く映画の出演が決まったとのことです。

 アクション映画史にのこるベストバウトだと思います。そして、2位で紹介したブルース・リー対チャック・ノリスの戦いに対するオマージュを感じます。

 ※香港公開版の広東語バージョンは、有名な「スパルタンX」のテーマソングがありませんし、恒例のエンディングNG集もありませんので、日本公開版をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました