Baldur’s Gate: Enhanced Edition攻略紀行 #3

ゲーム

第1章 旅立ち

ベゴレスト

 フレンドリーアームを後にして、一行はベゴレストに向かいます。

 ベゴレストは、大きな街でこれからの冒険の拠点にするものいいです。

施 設
  • フェデルポスト・イン:マジックアイテムも売っている宿屋
  • バーニングウィザード:酒場ですが、泊まることもできます
  • レッドシーフ・イン:ベゴレストで一番大きい宿屋ですが、部屋が商人級までしかありません
  • サンダーハマースミシー:種類は豊富な鍛冶屋
  • ジョヴィアルジャグラー:ピエロの看板が目標の宿屋。若者に人気がある

 ジョヴィアルジャグラーに行くと、パラディンのビヨーニンからハーフオーガの退治を依頼されました。

 丘②のエリアにいるハーフオーガを倒すことになります。

ハーフオーガ退治

 この宿屋ではほかにも、グルケという老ドワーフからクロークウッドで盗まれたクロークを取り返して欲しいと頼まれます。

 Grokの一行は、広い街をウロウロしていると、今度はピンクの髪の女性に声を掛けられます。

 ニーラという女性はどうやら助けてほしいらしい。

ニーラ

 ツァーとモンタロンは嫌そうだったが、助けてほしいと言われると助けるのがRPGの鉄則です。

 すると、強そうな魔法使いが現れます。

 エカンドルという男は、ニーラの覚えている魔法が危険だと言っています。

エカンドル

 男は、ニーラを渡せと言ってきます。ここは悩む所ですが、危険な魔法なら仲間に欲しいところです。

 戦うことを選択します。すると、ニーラは魔法を唱え消えてしまいます。

 逃げるんかいと思いつつ始まった戦闘は戦わないといけません。

 ポーズをうまく使いなんとか倒せました。

 するとニーラが現れます。お礼を言って仲間にして欲しいと言います。

 よく考えると今6人PTで満員でした。

 ここは、ツァーとモンタロンに抜けてもらいましょう。このままいても、ジャヘイラとカリードともあまり相性が良くないので、そのうち抜けると言い出しそうです。実際いきなり抜けると言い出すイベントもあります。この辺はランダムなのかもしれません。

ツァーとモンタロン

 ツァーは「べぇーだ、べぇーだ、べぇー」とか言い去っていきました。

 ニーラが仲間に加わり5人PTとなりました。

ニーラ

 仲間に入れたくなりますね。

 彼女の魔法に期待しつつ、引き続き街を探索します。

 フェルデルポスト・インに入るといきなり、マールという男が因縁を吹っ掛けてきます。

 ここは死んでもらうしかありません。生かしておく理由も無いそうですので。

マール

 喧嘩を売ったことを後悔する間もなく瞬殺でした。

 また広報官からバッシラスという人殺しの首に懸賞金が掛けられてると聞けます。しかも5,000ゴールドです。なんともお高い懸賞金。これはやるしかないですね。

人殺しのバッシラス

 賞金をかけているケルダス・オーミリアは、ベゴレストの東にあるラサンダー寺院にいるらしいです。

 鍛冶屋の「サンダーハマースミシー」には欲しいものが沢山あります。先立つものはゴールド。まずはゴールドを稼がなければ何もできません。

 ゲームでも味わうのは、お金が一番。

 次回は、ベゴレストを発ちバッシラスを探しに行きます。見つけても倒せるのか心配ですが・・・

 To be continued

コメント

タイトルとURLをコピーしました